ウォーターサーバーの契約では解約に注意

ウォーターサーバーを契約するときには、もしいらなくなってしまったらどうするかについても考えておくことが大切です。実際に導入してみてもほとんど使わなかったという理由で解約しようと思う人もいないわけではありません。突然の引っ越しでサービスエリア外に行くことになってしまう場合もあるでしょう。ウォーターサーバーの契約は期間が定められていることがよくあります。典型的なのが2年契約で、その間に解約すると解約金を払わなければならないという仕組みです。金額もかなり高額になっていて、そう簡単にはやめられないという場合もあります。契約期間が設定されているか、解約金の金額はいくらかというのは契約前に必ず確認しておきましょう。

いつなら解約できるかをよく検討しよう

解約金が必要になる場合でも多分使い続けると思うなら契約してしまっても問題はありません。しかし、いざ解約したいと思ったときのためにいつ解約できるのかを確認しておくのも大切です。通常は、例えば2年契約なら4月に契約すると2年後の3月または4月なら解約金がかからないという仕組みになっています。そのタイミングを逃すとまた2年間は解約するのに解約金がかかることになるというのが原則です。ただ、これが絶対というわけではなく、契約期間に関する取り決めも変化してきています。2年目以降は自由なタイミングで解約できるといった形の契約も考えられるでしょう。タイミングによって解約金が異なるというパターンもあるので、詳細まで確認しておくことが肝心です。

水宅配を利用すれば定期的に自宅へ水を届けてくれるので、重い荷物を運ぶ必要がなくなって負担軽減になります。